" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)

任意整理でもブラックにならない方法!2つのケースとリストに載っても5年で消去とその後の影響

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

任意整理 ブラック

毎月の返済に苦しみ、借金を借金で返済する生活を続けていると必ず限界を感じます。

限界に来たときに思うことは「借金がない生活に戻りたい」「返済に充てるお金があればまともな生活を送れる」など

私もそんな希望を抱きながら毎月返済をしていましたが、数ヶ月すると限界を感じ精神に異常をきたしてしまいました。

だけど数ヶ月は任意整理に踏み切ることができませんでした。理由は簡単。

「ブラックリスト」にのることが嫌だったからです。

ですが、よく調べてみればブラックリストにならない方法が2つありました。

結論から言えば

メモ

①利息引き直し計算をすると、借金が残らないケース

②完済した借入先に対して過払い金返還請求をするケース

2つのケースも含め詳しく説明していきます。

こんな記事です

  • ブラックリストがもしかしたら回避できるかもしれない
  • ブラックリストに載ったからと言って5年で消去
  • ブラックになっても家族には影響はない
  • 最悪なのは自己破産

任意整理を依頼したときに言われたことは

「支払いができなれば最悪自己破産です。その前にブラックリストを恐れず、早めの任意整理をすることが借金問題を解消することが大切です。」

身に染みました。

まずはメールから!相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所に無料相談して借金を解決する!

 

任意整理でもブラックリストにならない2つの方法

①過払金請求があるか確認しよう!

弁護士や司法書士に任意整理を依頼するとき、債権者から取引履歴を取り寄せて「法的に正しい金利で利息を支払っているか」「過払金が発生していないか」を確認します。

過払金が発生している場合は、元金の減額や借金を完済していて手元に現金が戻ってくる場合もあります。

過払金が戻ってきた後で借金を完済できればブラックリストは削除されます。

 

②引き直し計算をする場合

法定金利を超えた金利でお金を貸していると判明したら、法定金利を適用して利息を正しく計算し直すことができます。

払い過ぎた利息があれば、その金額を返済に充てることができます。

任意整理をするときのこの方法を試せるか法務事務所と相談をしてみましょう。

もしかしたら、無駄にブラックリストに乗ることがないかもしれません。

まずはメールから!相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所に無料相談して借金を解決する!

 

任意整理でブラックリストはいつから5年?

冒頭でも言いましたが、ブラックリストが消えるのは「5年」と言われています。

だけどブラックリストはいつからいつまでを言うのでしょうか?

結論から言えば、ブラックリストとなる期間は、任意整理の和解を債権者側としてから借金を完済後、5年程度経過するまでのことを指します。

詳しく説明すると、債権者と和解後3〜5年かけて完済しても、その後5年間程度は事故情報が登録されたままになります。

ですが、上記の「ブラックリストにのらない方法」が適用されれば、ブラックリスト扱いにはなりません。

詳しく言えば一時的にブラック扱いにはなりますが、返還手続きが完了したのち、事故情報は「抹消」されます。

任意整理をしたら人生終わり?

ブラックリストに載るのが怖くて、債務整理をしたくない。それに任意整理をしたら人生終わってしまう。

そんなことをあなたは思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。

自力返済をしても返済が追いつかずに支払いが困難になることは大いにあります。

 

支払いができなくなる末路

  • 返済が困難
  • 滞納が始まる
  • 督促状が届く
  • 会社に問い合わせがいく
  • 支払いがないと法的手段に出る
  • 通帳が強制的に凍結
  • 会社や家族にバレて身バレは確実
  • 自己破産

この流れは大いにあり得ます。

これこそ「人生が終わる」と言っても過言ではありません。あなたが本気で悩んでいるなら専門の弁護士や司法書に相談して最善の選択をしましょう。

人生の再スタートを恐れず選択しましょう。

合わせて読みたい

まずはメールから!相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所に無料相談して借金を解決する!

 

まとめ

 

借金返済が苦しくても、ブラックリストにのるのが怖くて任意整理に踏み出せない人は多くいます。

だけどそれでは一向に借金は減ることもなければ、完済も難しいです。

私の場合は過払金や法定金利を超えた返済には該当しなかったので、今回の条件に当てはまりませんでしたが、思い切って任意整理をしました。

借金から楽になりたいのであれば

  • 任意整理をしようと思っていたら、1日でも早く専門家に相談をした方がいい
  • 返済額が多ければ毎日確実に多額の利息が発生していると言うことになる
  • 「来週相談しよう」とか「来月相談しよう」と考えている状態ではない。
  • すぐにでも相談をしたほうがいい状態です。
  • 借金減額が可能か問い合わせをするべき
  • 過払金がある可能性もある

すぐにでも借金請求を止めたい!着手金なしですぐに動いて請求ストップ!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

まずはメールから!相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所に無料相談して楽天カードの借金を解決する!

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を経験者目線で発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況をXで配信中。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)