" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して) 口座凍結問題

【事実】任意整理したら口座凍結する?凍結期間は3ヶ月!

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

任意整理 口座凍結

任意整理をしたら銀行口座が凍結して利用ができなくなると言われたことはないでしょうか?

私もまさかと思いながら、法務事務所に尋ねてみました。

すると約3ヶ月間の凍結期間があるようでした。

今回は任意整理をしたあなたが、焦らないように細かく解説をしていきます。

  • 凍結期間は3ヶ月で受任通知を受け取ってから
  • 凍結解除は3ヶ月後
  • 債務整理しても銀行で口座は作れる
  • 受任通知を受け取れば請求ストップ

まずは減額診断!

弁護士法人・響の無料相談

リモート面談等で会わずに手続き完結

債務整理したら口座凍結はいつまで?

債務整理 口座凍結 いつまで

結論から言って、3ヶ月が凍結期間となります。

さらに任意整理したからと言って全ての金融機関が口座凍結をするわけではありません。

それをやってしまったら生活ができなくなってしまいます。なのでこれにはある条件があるので、しっかりと理解しておきましょう。

基本的に返済していた銀行口座が凍結対象となります。

まずは減額診断!

弁護士法人・響の無料相談

リモート面談等で会わずに手続き完結

債務整理をしても銀行口座は作れない?

債務整理 銀行口座作れない

基本的には債務整理をしても、銀行口座の開設は可能です。

借金をしていた銀行でも他銀行でも新規の口座開設は可能です。

ただし、金融機関によっては審査があるので全て該当するわけではありません。

 

任意整理をして口座凍結はいつから?

任意整理 口座凍結 いつから

任意整理をしたときに口座が凍結されるタイミングは、受任通知が送付されたときになります。

銀行が受任通知を受け取った時点で、口座が凍結されます。

しかし、マイナスばかりではありません。

受任通知を銀行が受け取った時点で請求も一時的にストップされます。

任意整理の流れを簡単ステップで解説しているので、受任通知についてどの段階か理解しておくといいかもしれません。

あわせて読みたい

まとめ

任意整理をしても3ヶ月で凍結解除されます。

ただし、給与や振込に使う口座であれば注意をしましょう。

口座凍結時期は利用することは困難なので、必要な引き落とし等は別の口座に変更しておくことをお勧めします。

任意整理の大きなメリット

毎月の返済が減額することで、将来的に大きなメリット

任意整理をしなければ利息だけの支払いで限界がくる

1日でも早い相談をするべき

返済額が多ければ多いほど毎月利息が発生する

※直接面接や手紙のやり取りをする手続きもなく、リモートで完結するので誰かにバレることもありません。

無料・相談だけでも可能!「いくら減額できるか」も含めて、気軽に弁護士に相談してみましょう!

完全リモートで任意整理が完結!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

まずは減額診断!

弁護士法人・響の無料相談

リモート面談等で会わずに手続き完結

 

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して), 口座凍結問題