" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)

【体験談】任意整理して和解から完済までの道のり!和解書が自宅に届いてからが始まり

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

任意整理 和解 完済

毎月の支払いがキツくて、支払いに悩んでいる時期があるのではないでしょうか?私も毎月の支払いがとてもキツく月末には悩んでいた1人です。

そんな状況が辛くなったので、任意整理をしました。

任意整理は返済しても減らない利息をカットして、元金を返済して人生リスタートを切るための任意整理です。

今回は任意整理をした私の元に、和解書が届いた話です。届いたばかりの内容をここでは気になっているあなたと共有したいと思ったので紹介をしていこうと思います。

ここでは簡単に和解書の意味と、実際に送られてきた和解書を特別に公開します。

  • 和解書が届くまでの流れとは?
  • 和解書ってそもそも何?
  • 任意整理した後、和解書って届くの?
  • 和解書にサインしたらどうなる?

これが送られてくることで今後どういったことになるかも含め、あなたと一緒に確認をしていきましょう。

コストも抑えて任意整理可能!

ML司法書士事務所の公式サイト

自分や家族の将来のためにまずは相談!2つの質問に答える減額診断

 

任意整理してから和解から完済までの道のり!和解書が自宅に届くまでの流れ!

和解書が届く前に、依頼していた司法書士事務所から、「和解が成立したので条件について、借入会社の担当から確認の電話があります。」と連絡があり、後日借入会社の担当者から直接連絡をもらい、内容について口頭で説明がありました。

初めは高圧的にくると思っていたのですが、そこはプロ。優しい口調だったので、気持ち的に楽だったことを覚えています。

口頭で確認が取れると、司法書士事務所から和解書が届いき、サインして返送で終了。

コストも抑えて任意整理可能!

ML司法書士事務所の公式サイト

自分や家族の将来のためにまずは相談!2つの質問に答える減額診断

 

任意整理してから和解から完済までの道のり!そもそも和解書とは?

和解書とは、当事者間で生じたトラブルを話し合いにおいて解決する場合に、話し合いで合意した内容を書き記す書類(契約書)のことです。

簡単に説明すれば、「借りれていたお金が返せないので、元金だけ返したいのですが、それで許してください」です。強引な言い方かも知れませんが、それを弁護士や司法書士に間に入ってもらい、返済を進めていくものです。

なので、弁護士や司法書士に依頼する目的は、スムーズに話を進めていく方法だと思ってください。和解書は双方が納得できる条件を提示して解決するための書類です。

和解書が届くことで、債務者の提示を納得してサインすることで、支払い条件を守りながら3〜5年かけて、支払いを行なっていく流れになります。

コストも抑えて任意整理可能!

ML司法書士事務所の公式サイト

自分や家族の将来のためにまずは相談!2つの質問に答える減額診断

 

任意整理してから和解から完済までの道のり!自宅に届いた和解書とは

 

これが実際に届いた「和解書」です。

これが届いてサインして送付することで、自分の場合は5年で完済することが決まりました。ここまでにかかった時間は任意整理してから6ヶ月くらい。

ここまでの道のりは長かったですが、実際は今からがスタートになります。これから5年間は支払いをし続けて完済を目指します。

ですが、任意整理をする前までは、平気で16万円以上を支払っていたので、状況的には楽になりました。

債務整理のおすすめ5選

オススメ
はたの法務事務所 和解実績、経験豊富、費用は業界最安値
司法書士法人 

ホワイトリーガル

相談・着手金は無料!直接面談なし!リモート面談で完結!
司法書士法人 

ML司法書士事務所

2つの質問で減額可能か即判断!コストも抑えて任意整理可能!
アストレックス

司法書士事務所

闇金案件の実績多数!

最短即日取り立てストップ可能!

弁護士法人 響 無料減額診断で減額可能か即判断、リモート面談で会わずに依頼可

任意整理といっても、法務事務所は複数あります。

債務整理(任意整理)に強く、良心的な事務所を紹介しています。

クレジットカード会社や金融機関の和解では、経験年数や和解実績によって和解結果が左右されます。

そのため、経験と和解実績が高い法務事務所を選ぶことが、妥協のない和解につながります。

でも、任意整理の費用がもったいないと思っていれば、大きな間違いです。

費用

①司法書士や弁護士に払う任意整理の費用

②自力返済したときにかかる費用

②の金額が大きければ費用対効果が大きくなります。

例えば

任意整理3社分 費用10万円
借金総額利息3社合計 総額120万円
費用対効果 120万年−10万円=110万円

任意整理の費用対効果は、とてつもなく大きく将来支払うべき借金の減額につながり、希望となります。

任意整理を一刻も早くして将来の負担を軽減しましょう!

詳しくは債務整理オススメ法務事務所5選

さらに詳しく

司法書士法人 ML司法書士事務所

司法書士事務所 ML司法書士事務所
相談料 無料
着手金(1社あたり) 無料
基本報酬(1社あたり) 22,000円〜
成功報酬 要問合せ
対応地域 全国対応
ポイント

特にオススメなのが「ML司法書士事務所」

※2023年から「もりた法務事務所」から「ML司法書士事務所」に名称を変更。

債務整理の相談をメインにしているため、問題解決がスピーディーな対応。

最大のメリットは、任意整理にかかる費用が安いという点。

減額診断で2つの質問に答えるだけで、月々の支払いを減らせる、または0円にできる可能性を診断できます。

コストも抑えて任意整理可能!

ML司法書士事務所の公式サイト

自分や家族の将来を守るために相談!2つの質問に答える減額診断

 

まとめ

 

ココがポイント

和解は借入会社からの提案を了承して和解が成立する

和解書とは話し合いで書き記した合意書のこと

内容について確認いして双方合意したら配送される

和解書にサインしたら3〜5年で元金完済が決定

和解書が届くことで任意整理の山場である「双方の合意」に到着します。ここまでくれば「完済までの道のり切符」をもらったようなものです。あとは返済を3〜5年で完済するだけです。

任意整理をするまでにかなり悩みましたが、ここまで来ればあとは支払うのみです。利息がなくなっただけでも大きな変化です。

借金で苦しんでいて利息ばかり支払っている状況が続いているのであれば、任意整理は一つの手段ではありましがオススメしています。本当に今の生活から変わりたいのであれば、完済を目指すことを考えることをオススメします。

1人で悩んでいても解決は難しいと思いますが、悩んでいても解決はできません。

それに毎月の支払いは待ってくれません。どんどん迫ってきて借金返済しても元金が減っているようで増えています。このような状況を早めに解決するためには専門の事務所に相談してみましょう。

相談無料何度でも相談可能な事務所はあります。さらに相談したからと言ってすぐに契約にはならないので安心だと思います。

まずは相談から始めてみることをオススメします。

オススメ
はたの法務事務所 和解実績、経験豊富、費用は業界最安値
司法書士法人 

ホワイトリーガル

相談・着手金は無料!直接面談なし!リモート面談で完結!
司法書士法人 

ML司法書士事務所

2つの質問で減額可能か即判断!コストも抑えて任意整理可能!
アストレックス

司法書士事務所

闇金案件の実績多数!

最短即日取り立てストップ可能!

弁護士法人 響 無料減額診断で減額可能か即判断、リモート面談で会わずに依頼可

 

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)