" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

任意整理 体験談 債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)

【体験談】任意整理の着手金相場はいくら?はたの法務事務所は着手金なし!

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

任意整理 着手金相場 いくら

勇気を持って任意整理を依頼したいけど、費用がどれだけかかるかわからないといった悩みはありませんか?

いざ依頼しようと考えても費用がわからないと不安ですよね。

結論から言えば、費用を抑えて任意整理を依頼する事務所はあります。

依頼をするとなれば、いくらが相場なのか確認してから事務所を選びたいですね。

その1つに着手金を必要としない事務所があります。

着手金とは「依頼をするときに必要な依頼金」です。

依頼事務所によって着手金は変わってきます。

着手金の相場は

弁護士の場合 着手金:2〜5万円

司法書士の場合 着手金:0〜2万円

この記事で詳しく説明していきます。

任意整理は年間250万人以上の人が悩んで依頼をしています。

あなただけが悩んでいる問題ではないです。このまま何もしなければ、返済に苦しむ状況が続くばかりです。

  • 弁護士と司法書士で違う
  • 着手金無料でも経験や実績が高い事務所はある
  • 費用は分割払いが可能
  • 依頼費用が高いと思っても再スタートがきれるなら安い
  • 自分にあった事務所を探す

 

相談実績も豊富で柔軟な対応で知られる「はたの法務事務所」

任意整理対象の金融機関でも和解に至らないケースもあります。和解にいたらない理由として「実績」も大きく関係があります。

失敗のない法務事務所を選ぶなら「実績」も判断材料として考えましょう。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

着手金・相談無料!費用を抑えて借金を解決する!

 

任意整理の着手金相場はいくら?

弁護士は25万円、司法書士は0〜2万円が相場となっています。

弁護士と司法書士の違い

弁護士:1社の借金140万円以上を依頼できる

司法書士:1社の借金140万円以下であれば依頼できる

やっている内容は一緒なのでどちらに依頼しても変わらないですが、料金を安く抑えたいなら司法書士を利用してみてください。

私の場合は1社140万円以上ありましたが、司法書士が引き受けてくれました。

司法書士だからと言って不可能ではないので安心をしてください。

さらに詳しく

任意整理の着手金無料の事務所

依頼するのにやっていることが同じであるなら、やっぱり着手金が無料の事務所を選びたいですよね?

その場合は司法書士事務所を利用してみましょう。

だけど、「無料」と聞いて不安があるでしょう。任意整理をするとき、消費者金融によっては事務所の経験年数や実績によって和解を断るケースもあります。

有名なところで言うと「アコム」は和解条件や担当事務所によっては厳しい結果になることもあります。

経験や実績が高くて和解率もいい事務所を探しましょう。

あなたが本気で考えていれば、「はたの法務事務所」を利用しましょう。

さらに詳しく

任意整理しても費用が払えない場合は?

任意整理の費用について、あなたは悩んでいるしょうが安心をしてください。

任意整理費用が支払えない場合、費用を分割払いにすることも可能です。依頼する事務所も「払えない」ことは把握しています。

ですが、依頼する際は始めに払えないことを相談して、費用の支払いについて相談はしましょう。ほとんどが分割払いになります。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

着手金・相談無料!費用を抑えて借金を解決する!

 

任意整理の費用は高い?

任意整理の依頼件数によって差はありますが、平均は5万円〜30万円と言われています。

相談する事務所によって費用体系は異なってきますのであくまで目安です。

多重債務者の場合、任意整理では交渉数が増えることもあるので、費用の総額が上がる場合があります。

巷でよく言われる費用合計30万円ともよくネットで見る数字です。

この数字が高いかどうか、人によって感じ方は変わってきます。

ですが借金を自力返済できない状態で解決ができるとなると考え方は変わってくるでしょう。

メモ

①借金の返済が困難な場合

②多額の借金がある場合、月々の支払いを調整して借金返済を再スタート

③過払い金の回収が可能な場合

④借金返済が不可能な場合

⑤自力返済が困難で強制執行や差し押さえなどの手続きが行われる前に行う

⑥信用情報に与える影響を軽減する

⑦返済計画を整備し、返済スケジュールに基づいて返済ができる。

⑧最終的に信用情報に与える影響を軽減する

料金を渋ってしまえば、あなたが失うものは大きいのではないですか?

さらに詳しく

任意整理の費用比較について

私がピックアップした弁護士や司法書士事務所の料金も含めた比較について調べています。

自分にあった依頼先を探すことが大切です。

オススメ
はたの法務事務所 和解実績、経験豊富、費用は業界最安値
司法書士法人 ホワイトリーガル 相談・着手金は無料!直接面談なし!リモート面談で完結!
司法書士法人 

ML司法書士事務所

2つの質問で減額可能か即判断!コストも抑えて任意整理可能!
弁護士法人ユア・エース 無料減額診断で減額可能か即判断、女性窓口もあり女性も気軽に相談!

まずは匿名で相談!

弁護士法人 響 無料減額診断で減額可能か即判断、リモート面談で会わずに依頼可

任意整理といっても、法務事務所は複数あります。

債務整理(任意整理)に強く、良心的な事務所を紹介しています。

クレジットカード会社や金融機関の和解では、経験年数や和解実績によって和解結果が左右されます。

そのため、経験と和解実績が高い法務事務所を選ぶことが、妥協のない和解につながります。

でも、任意整理の費用がもったいないと思っていれば、大きな間違いです。

費用

①司法書士や弁護士に払う任意整理の費用

②自力返済したときにかかる費用

②の金額が大きければ費用対効果が大きくなります。

例えば

任意整理3社分 費用10万円
借金総額利息3社合計 総額120万円
費用対効果 120万年−10万円=110万円

任意整理の費用対効果は、とてつもなく大きく将来支払うべき借金の減額につながり、希望となります。

あなたも借金総額の利息が多ければ、任意整理を一刻も早くして将来の負担を軽減しましょう!

詳しくは債務整理オススメ法務事務所5選

さらに詳しく

まとめ

事務所選びは大切ですが、費用を安く抑えたいのであれば司法書士に依頼をしましょう。

経験や実績によっては弁護士と遜色ない経歴を持っている司法書士もいます。

経験や実績が高いと言うことは、消費者金融とも和解率が高いことでもあるので信頼はできます。

あなたが自力返済が難しく、これから考えていれば一刻の猶予もありません。

「費用が高い」と悩んでいる間にあなたはどんどん追い込まれていきます。

任意整理はあなたが失いかけている未来を救ってくれる方法です。

ほとんどが5年以内で再スタートが切れるので決断をして前に進みましょう!

すぐにでも借金請求を止めたい!着手金なしですぐに動いて請求ストップ!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

着手金・相談無料!費用を抑えて借金を解決する!

 

 

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-任意整理 体験談, 債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)