" />

任意整理 ブログ

借金420万円以上を任意整理して120万以上減額したアキラつねきちです。

このサイトでは、任意整理して人生が大きく変化して生活が安定した体験談を含めて、借金について細かく情報を発信しています。

借金返済時期は毎月の支払いは平均16万円以上。

自転車操業を続けて自力返済は不可能。

勇気を持って任意整理を依頼して毎月返済6万5千円へ大幅な減額。

任意整理して減額

取り返しがつかなくなる前に、相談したから今の自分があると言っても過言ではない。

このサイトは、借金で苦しんでいるあなたが人生を再スタートするため、任意整理に関連する情報を網羅しています。

あなたも借金に苦しんでいる状態であれば、任意整理をして期限を決めて完済を目指しましょう!

借金のない生活に戻りませんか?

任意整理した成功体験

さらに詳しく

任意整理したいけど弁護士と司法書士の違いがわからない

弁護士も司法書士も任意整理はできますが費用や手続き内容が異なります。

項目 弁護士の任意整理 司法書士の任意整理
対象 個人・法人の任意整理 個人の任意整理
手数料・着手金 料金が自由報酬で、弁護士によって異なる 一律の報酬基準により、全国的にほぼ同じ
費用の具体例 相談料、手続き報酬、交通費、印紙代など 司法書士会の定める報酬額(債権者からの支払いも一部)
手続き内容 法的な交渉や訴訟代理も可能 交渉に特化し、法的手続きは行わない
対象となる債務 任意整理対象の債務全般 個人債務(法人の場合は一部の条件を満たす場合のみ)

1社の借りれが140万円以上の場合は弁護士1択ですが、それ以下の場合は司法書士に頼んだ方が総額で安く済みます。

さらに詳しく

債務整理のおすすめ5選

オススメ
はたの法務事務所 和解実績、経験豊富、費用は業界最安値
司法書士法人 

ホワイトリーガル

相談・着手金は無料!直接面談なし!リモート面談で完結!
司法書士法人 

ML司法書士事務所

2つの質問で減額可能か即判断!コストも抑えて任意整理可能!
弁護士法人ユア・エース 無料減額診断で減額可能か即判断、女性窓口もあり女性も気軽に相談!

まずは匿名で相談!

弁護士法人 響 無料減額診断で減額可能か即判断、リモート面談で会わずに依頼可

任意整理といっても、法務事務所は複数あります。

債務整理(任意整理)に強く、良心的な事務所を紹介しています。

クレジットカード会社や金融機関の和解では、経験年数や和解実績によって和解結果が左右されます。

そのため、経験と和解実績が高い法務事務所を選ぶことが、妥協のない和解につながります。

でも、任意整理の費用がもったいないと思っていれば、大きな間違いです。

費用

①司法書士や弁護士に払う任意整理の費用

②自力返済したときにかかる費用

②の金額が大きければ費用対効果が大きくなります。

例えば

任意整理3社分 費用10万円
借金総額利息3社合計 総額120万円
費用対効果 120万年−10万円=110万円

任意整理の費用対効果は、とてつもなく大きく将来支払うべき借金の減額につながり、希望となります。

あなたも借金総額の利息が多ければ、任意整理を一刻も早くして将来の負担を軽減しましょう!

詳しくは債務整理オススメ法務事務所5選

さらに詳しく

任意整理の流れと期間について

任意整理の流れと期間

任意整理の流れとして、弁護士・司法書士に相談をしたのち、委任契約を結びます。

その後、手続きを進めていく流れです。

全体の流れです。

内容 必要な期間の目安
弁護士・司法書士に相談・依頼
債権者へ受任通知の送付 即日〜3日程度
取引履歴の開示請求と債務額の調査 1〜2ヶ月
利息制限法に基づく引き直し計算 1〜2週間程度
和解案の作成と債権者との和解交渉 3ヶ月程度
和解成立 即日
返済開始〜完済 完済から5年程度

自分が体験した任意整理後の流れについて詳しく解説

合わせて読みたい

債務整理のデメリットについて

任意整理するのに、依頼先を弁護士か司法書士にするかの説明はしましたが、では任意整理したらどうなるのか?

借金問題は待ったなしの問題です。

債務整理をするデメリット

  • 信用情報への登録
  • 一部職業の制限
  • 保証人への影響
  • 資産差し押さえ
  • 家族や会社へバレる

ですが、借金の返済を滞納したり未払いを続けていると、債権者側から督促状や催促状、法的処置として裁判所を通して資産の差し押さえにつながります。

その時点で、自己破産と同じ結果になります。

さらに詳しく

任意整理のメリットとは?

今回私が選んで行った任意整理は、その他の債務整理(自己破産や個人再生)に比べ、傷も浅く身バレはありません。

任意整理することで

  • 利息カットして元金は確実に完済
  • 3〜5年で返済が終了する
  • 複数支払い窓口が1本化
  • 誰にもバレずに完済できる
  • 会社や家族など身バレしない
  • 返済が終われば元の生活に戻れる
  • 完済すればローンも組める

任意整理をしたら人生が終わると思っているかもしれませんが、メリットは多くあります。

5年以内で完済して借金がなくなります。人生再スタートです。

さらに詳しく

財産は手放なくていい

1番嬉しいのは、車や家など財産を手放さなくていいこと。

誤解しがちなのが、「財産を手放さくてはいけない」と言った全てを失うのではないかとの誤解。

自己破産や個人再生をすれば財産を手放さなくてはならないが、任意整理は裁判所を通さず債権者とのやり取り。

そのことがどれだけ救われるたか。

任意整理は5年を目処に元金返済に向けた計画を立てるため、完済すればローンも組めるようになる。一時的な制限がかかるだけなので、その後の生活に問題を生じることはないです。

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

身バレもない

会社や家族にバレるのではないかと思われがちで、誤解を招いている。

任意整理をしても会社や家族にバレる可能性はほぼ0%に近い。相談する事務所にも家族に秘密にして進めていく方針を提示すれば、手紙などのやり取りも配慮はされます。

さらに詳しく

オススメ司法書士事務所

専門家に相談することが何よりの近道。相談は何度でも無料で行っている事務所もあるため遠慮せずに相談をするべき。

>公式サイトへ

任意整理するなら「はたの法務事務所」がオススメです。

メモ

相談件数20万件以上

相談料・着手金無料

和解実績多数

債務実績が圧倒的に群を抜いている

土日祝日関係なく対応

問い合わせ後は借金の催促を止めることが可能!

特に、はたの法務事務所は基本報酬と成功報酬のみの費用になっています。

100万円の任意整理する場合

はたの法務事務所

22,000円+140,000円(14%)=162,000円←費用を抑えられる

弁護士法人A

44,000+22,000+220,000円(22%)=286,000円

差額:124,000円

あくまで一例ですが、これだけでも費用の差が大きくでます。

圧倒的な実績と依頼費用は業界最安値で依頼者には強い味方です。

そんな私も解決をしてもらったのが「はたの法務事務所」です。

司法書士法人 ホワイトリーガル

メモ

  • まずは「借金減額診断」から依頼
  • 無料で相談
  • 司法書士との面談(zoomなどのツールで面談、直接面談する必要はありません。)
  • 契約・依頼(任意整理の費用など納得すれば依頼)
  • 各種手続きの実行(返済ストップ)

ホワイトリーガルでは、「特別割引制度」を採用しているので、任意整理の受け入れ件数がとても高く、24年間で26,400件の解決実績。

さらに最大のメリットは、任意整理にかかる費用が安いという点。

借金返済・債務整理に特化した、経験豊富な事務所といえます。

また「返済制度」も採用しているので、万が一があっても返金があります。

あなたが条件に該当するのであれば、問い合わせをして制度を利用して任意整理をしましょう。

債務整理の相談をメインにしているため、問題解決がスピーディーな対応。

何かを失わずに借金を整理できます。

さらに詳しく

オススメの借金減額シミュレーター

それでも「直接連絡するのは嫌だ」と思っているあなたにオススメなのが「減額シュミレーター」

簡単な質問に答える(借りれ総額など)だけで、減額できるかの判断ができます。

また、初めは匿名で相談に乗ってもらうこともできるので、ハードルが下がります。

オススメ
弁護士法人 響 無料減額診断で減額可能か即判断、リモート面談で会わずに依頼可
弁護士法人

ユア・エース

無料減額診断で減額可能か即判断、女性窓口もあり女性も気軽に相談!まずは匿名で相談!
司法書士法人 

ML司法書士事務所

2つの質問で減額可能か即判断!コストも抑えて任意整理可能!

オススメの借金減額シミュレーターとして、注目されています。それでも比較することは大切です。

①債務整理に強い弁護士法人響

弁護士事務所 弁護士法人 響
相談料 無料
着手金(1社あたり) 55,000〜
基本報酬(1社あたり) 11,000円〜
成功報酬 11%
対応地域 全国対応
ポイント
  • 19万件以上の相談実績
  • 初期費用0円で手続き可能
  • 24時間、全国いつでもどこでも相談
  • オンラインで面談が完結
  • 「借金減額シミュレーター」で減額診断確認

最大のメリットは、直接会うことなく面談をオンラインで行うことができます。

事務所に足を運ぶことや来てもらうことがなく、その点でのハードルは下がります。

また、初期費用がなくても手続きを進めてくれるので、まとまったお金がなくても利用できます。

 

②債務整理に強い弁護士法人 ユアエース

弁護士法人ユア・エース

弁護士事務所 弁護士法人 ユアエース
相談料 無料
着手金(1社あたり) 55,000〜
基本報酬(1社あたり) 11,000円〜
成功報酬 11%
対応地域 全国対応
ポイント
  • 16名以上の弁護士が所属
  • 家族に内緒で相談可能
  • 24時間、全国いつでもどこでも相談
  • 女性相談員が対応可能
  • 相談実績17万件以上
  • 費用の分割払いにも対応

SNSの口コミでも、よく見かける内容として「電話対応の良さ」です。

初めは混乱や戸惑い、不安が強くある中で連絡をしますが、そんなときに電話対応が悪ければ最悪です。

ですが、話しやすく迅速に対応してもらえる安心感はとても大切です。

③債務整理に強い司法書士法人ML司法書士事務所

司法書士事務所 ML司法書士事務所
相談料 無料
着手金(1社あたり) 無料
基本報酬(1社あたり) 22,000円〜
成功報酬 要問合せ
対応地域 全国対応
ポイント

2023年から「もりた法務事務所」から「ML司法書士事務所」に名称を変更。

債務整理の相談をメインにしているため、問題解決がスピーディーな対応。

最大のメリットは、任意整理にかかる費用が安いという点。

減額診断で2つの質問に答えるだけで、月々の支払いを減らせる、または0円にできる可能性を診断できます。

任意整理する人が増加している

コロナ禍の影響で任意整理、借金に関する相談はネットで調べる限り年々増えています。

メモ

返しても借金が減らなず生活が苦しい

家族や勤務先に借金がバレないように解決したい

消費者金融からの取り立てが激しくて困っている

そのため、コロナ禍前に比べて借金問題を専門とする弁護士や司法書士事務所が増えています。

任意整理をする人は年間件数どれくらい?

 

手続き 件数
任意整理 約150万件〜250万件と推移
個人再生 1万3952件
自己破産 7万3095件

総務省統計局最高裁判所の統計

任意整理は裁判所を通さない手続き(借金の返済方法を組み直す債務者と和解交渉)なので、正式な統計数は事務所ごとで異なりますが、総数は年間150万件〜250万件と言われています。

年間多くの方が債務整理で借金問題を解決しており、借金問題で行き詰まったときに、弁護士や司法書士に相談することは全く悪いことではありません。

病気の問題で早めに医師へ受診するように、借金問題を早期に相談することが解決につながります。

さらに詳しく

債務整理した人の口コミ

このブログでは、借金に苦しんでいるあなたが、今後債務整理を一つの方法として考えて間違った債務整理にならないように私の体験談も含め記事にしています。

あなたがこれから間違った債務整理をしないよう参考にしてください。

任意整理をしたら人生が終わると思っているかもしれませんが、メリットは多くあります。

5年以内で完済して借金がなくなると思えば、人生再スタートを切れます。

借金から楽になりたいのであれば

  • 過払金がある可能性もある
  • 借金減額が可能か問い合わせをする
  • 「来週相談しよう」とか「来月相談しよう」と考えている状態ではない。
  • 返済額が多ければ毎日確実に多額の利息が発生していると言うことになる
  • 任意整理をしようと思っていたら、1日でも早く専門家に相談をした方がいい

新着記事

後払い決済問題

2023/12/11

【体験談】コンビニ後払いは債務整理できる?手遅れになる前に解決する詳しい方法

コンビニ払い(通称:NP後払い)は、クレジットカードのような審査はなく利用できるとても便利なシステム。 商品を購入するときに、支払い方法に「NP後払い」を選択するだけで利用ができます。 14日以内であれば、好きなタイミングで最寄りのコンビニ・郵便局・銀行などで支払いができます。 しかし、利用し過ぎてしまった結果、滞納や未納と言った未払いで支払いが困難になっていませんか? 後払い決済は便利な反面、限度を超えてしまい支払い未納が長期に渡って続くと、法的手続きを踏まれ財産の差し押さえにもなります。 結論から言え ...

ReadMore

後払い決済問題

2023/12/9

【体験談】ペイディは任意整理できない?債務整理した後の後払い決済を利用する注意点

ペイディは「後払い」利用ができますが、使い過ぎてしまい滞納間近で破産寸前。 後払い機能はクレジットカードよりも簡単に利用してしまい、大変な思いをします。 使い過ぎてしまい、滞納をしてしまっても返済期日は待ってはくれません。 滞納をそのまま放置すると最悪の場合、法的手続きをとられ強制的に自己破産となり財産没収です。 結論から言えばペイディは任意整理が可能です。 私も利用し過ぎてしまい、任意整理ができる話を聞いて任意整理を依頼しました。 この記事ではペイディだけでなく、その他の後払い決済サービスについても詳し ...

ReadMore

後払い決済問題

2023/12/11

【体験談】任意整理中に後払いは利用できる?利用方法と注意点を詳しく解説

現金がなくクレジットカードにも頼れない。 だけど、どうしても支払いを行わないといけない! そんな悩みを抱えていませんか? 私も任意整理して、支払いをどうしてもしないといけない場面に遭遇はしています。 そんなときに利用していたのが「後払い」決済。 結論として任意整理していても「後払い」決済は利用可能です。 ただし注意点として「翌月一括払い」が原則です。 後払い決済可能 注意点 PayPay 翌月一括払いが原則 auかんたん決済 d払い メルペイ コンビニ後払い ペイディ  など このページでは後払いの利用や ...

ReadMore

任意整理明けからすぐに使える金融機関

2023/12/5

任意整理中でも借りれる金融会社はある?すぐに申請ができる金融機関

任意整理中に借りられる金融機関はあるのでしょうか? 大手の消費者金融や銀行と言った信用情報機関と情報共有できている金融機関はまずできません。 ですが、地方の消費者金融であれば申請して審査が通る可能性があります。 任意整理してお金がないけど、どこからも借りることができず諦めていても、まだチャンスはあります。 このページでは任意整理中でも借入が可能な消費者金融を紹介しています。 ネット借入審査3秒キャレントに申し込む 任意整理して新たな借り入れはできる? 原則として、債務整理中は新たな借金をすることはできませ ...

ReadMore

任意整理明けからすぐに使える金融機関

2023/12/4

【神金融】任意整理中にお金を借りたい?借入できる可能性が高い消費者金融

任意整理中に借入をすることは基本的にNGとされています。 しかし、どうしてもお金を必要とする場面はあります。 結論から言えば、借入の可能性が高い消費者金融はあります。 銀行や大手の消費者金融で断られて諦めたあなた。 この記事では、借入の可能性が高い消費者金融を紹介しています。 ネット借入審査3秒キャレントに申し込む 債務整理中で今すぐお金が必要! 債務整理中に銀行や大手の消費者金融からお金を借り入れすることできません。 銀行や大手の消費者金融は信用情報機関(ブラックリスト)とネットワークがあるため、情報が ...

ReadMore

任意整理を体験したらこうなった

 

 

任意整理したらこんな余裕も生まれた

PVアクセスランキング にほんブログ村