" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

借金をまとめる方法

【体験談】借金を1 本化したい!多重債務をすぐにでも楽にする2つの方法を徹底紹介!

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

借金 1 本化 したい

複数の借金を抱えて毎月の返済が苦しくありませんか?

私も複数の消費者金融や銀行から借り入れをしていて、毎月返済に走り回っていました。

借入先の返済額も月によって変わるので、調整がとても大変で返済額が足りなければ、他から借入して返済に回す。

返済しても全く借金が減らない状態でした。

結論を言えば、複数ある借金を一つにまとめる方法をこの記事では2つ方法を紹介しています。

おまとめローン 任意整理
目的 借金の整理と管理を簡単にする 借金の減額交渉や自己破産回避
最大のメリット
  • 利便性とシンプルさ:複数の借金を1つにまとめて返済が楽になる。
  • 金利の軽減:低い金利で返済できる場合がある。
  • 借金の減額交渉:借金を減らすための交渉が可能。
  • 自己破産回避:自己破産を回避する可能性がある。
共通点 借金をまとめられる
将来的な恩恵
  • 借り換えには手数料や条件があるが、毎月の返済を一定にする。
  • 借金の減額交渉が成功しない不安もあるが、経験・和解実績が高い事務所を選べば問題ない。
  • 司法書士・弁護士が窓口となって直接的な交渉がなく、精神的に楽になる。

2つの方法

・おまとめローン:総量規制の対象外となるので借りやすい

※「貸金業法に基づくおまとめローン」は総量規制の対象外(例外の借入)。年収の1/3を超えても借り換えができる唯一の方法

・任意整理:おまとめローンが厳しい場合

おまとめローンも状況によって利用できるかどうか、変わってきますので詳しく解説していきます。

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

カードローンを一本化したい!

カードローン一本化

借金の一本化には2つの方法があります。

メモ

  • 乗り換えやおまとめローンで借金を一本化
  • 任意整理して利息をカットして元金のみを支払う

どちらも、現在の借金を減額や支払いを楽にする方法です。

あなたが、カードローンに苦しんでいるのであれば、検討すべきです。

さらに詳しく

借金一本化の相談先はどこ?

借金一本化 相談

結論から言えば、支払いを一つにまとめて毎月の支払いを楽にするために支払いを一本化する相談先は3つあります。

相談先

  • おまとめローン:消費者金融
  • 借り換えローン:銀行
  • 任意整理:弁護士や司法書士

この方法としては3つがあります。

あなたの経済状況や借金の状態によって相談先が異なってくるので詳しく説明していきます。

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

おまとめローンと借り換えローンはどちらがいい?

おまとめローンには「消費者金融」と「銀行」の商品があります。

メモ

おまとめローン消費者金融の商品で、「最短即日融資」「口座開設不要」で早く負担を軽減したい

借り換えローン銀行が扱っている商品で、金利は低いが、審査が厳格で融資までに時間がかかる

消費者金融 銀行
審査スピード 最短即日 最短7日程度
審査難易度 比較的易しい 比較的厳しい
融資限度額 300〜800万円 500〜1000万円
実質年率 3%〜18% 2%〜15%
口座開設 不要 必要
追加融資 不可 可能
Web完結 可能 可能

消費者金融と銀行では違いがあります。

すぐに借りれが必要であれば、消費者金融を検討も必要です。

ただし、大手の消費者金融や銀行は同じ信用情報を共有しているため、審査が通りにくい可能性がある場合があります。

融通が利きやすく借入がし易いのは中小の消費者金融がおすすめです。

おまとめローンの審査条件やメリット・デメリットについて詳しく説明しています。

さらに詳しく

おまとめローンは総量規制の対象外!

おまとめローン 総量規制

本来「総量規制」という貸金業法に基づくルールによって、年収の1/3を超えることは規制されていて、返済能力を超えると判断されます。

しかし、意外と知られていませんが、おまとめローンは総量規制の例外が適用されます。

おまとめローンをうまく利用するれば、多額の多重債務もおまとめローンで借り換えして返済ができる可能性があります。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会

複数あるクレジットカードの支払いもまとめることができます。

さらに詳しく

借金一本化で審査が通らない人の特徴

借金一本化 審査 通らない

おまとめローンはとても便利な方法ですが、銀行や消費者金融によって審査基準があります。

しかし、共通する審査基準があるため注意が必要です。

メモ

安定した収入がない

信用情報に問題がある

一本化した借金の返済能力がない

全てにおいて共通します。

安定した収入がない

おまとめローンの審査を通過するには、安定した収入が必要です。

毎月返済する能力が必要になるため、年収の高さではなく、継続的に収入があることが重視されます。

 

信用情報に問題がある

おまとめローンの審査は信用情報の履歴が重要になります。

信用情報機関(CIC):割賦販売法と貸金業法にもとづく唯一の指定信用情報機関

信用情報機構(JICC):最も加盟会員が多い信用情報機関となっており、全体の約半数が消費者金融です。

全国銀行個人信用情報センター(KCK):銀行系の金融機関が加盟

引用:お金のいろは

この3機関が情報を共有されています。

支払いの延滞や多重債務、自己破産といった記録があれば、審査を通すことは難しいです。

特に銀行や大手の消費者金融機関は、信用情報をもとに審査を通すので記録があると難しいです。

逆に中小の消費者金融は独自の審査基準を設けているため、審査が通りやすいです。

融資担当は全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者で安心した相談

中央リテール公式サイト

多重債務をおまとめ1本化!

 

一本化する借金の返済能力がない

おまとめローンの審査は、まとめた後に返済できないと判断された場合にも落ちる傾向があります。

審査に落ちやすい条件

借入先が多すぎる

返済できないほどの借入額

勤続年数が少ない

勤務先や雇用形態(契約社員など)

銀行や大手の消費者金融機関は、厳しく審査をするため注意が必要です。

融資担当は全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者で安心した相談

中央リテール公式サイト

多重債務をおまとめ1本化!

 

借金をまとめるデメリットがある?

借金 まとめる デメリット

借金の一本化はとても便利な方法ですが、メリット・デメリットはあります

デメリット

  • 返済期間が延びることで総額返済額が増える可能性がある
  • 審査に時間がかかって即日融資が厳しい
  • 借入先が多すぎると審査に落ちる可能性がある
  • おまとめローンの借り直し・繰り返しの利用はできない

あくまで大手の消費者金融や銀行であれば、審査が厳しく借入が難しい場合があります。

ですが、中小の消費者金融であれば、金利は多少高くなりますが融資の時間短縮や審査の基準が緩く融通がきくなどのメリットがあります。

メリット

  • 返済の手間が省ける
  • 月々の返済額が下がる
  • 総量規制に引っかからない
  • 金利が下がる
  • ブラックリストにのらない

借金を一本化することで、毎月の返済額が下がったり、複数あった支払い場所を回らず、一つで終わらせることができます。

融資担当は全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者で安心した相談

中央リテール公式サイト

多重債務をおまとめ1本化!

 

借金をまとめたい!極甘審査ファイナンス

借金をまとめたい 極甘審査ファイナンス

銀行や大手消費者金融の審査は、スコアリング審査から行われるため、ブラックなど信用情報に問題が人や属性が含めの人は、この審査で落とされます。

大手の銀行や消費者金融でおまとめローンを申請する場合、手続きや信用調査に時間がかかります。

今回紹介する中小消費者金融は、そこは審査をしつつ信用調査状況も考慮してもらえます。

審査が甘いわけではないですが、融通がきくので、大手の銀行よりは窓口が広くなっています。

審査が比較的通りやすい「おまとめローン」専門の消費者金融を紹介します!

スコアリングとは、各審査項目に点数をつけて、その合計点数によって合否を判定する方式です。

クレジットカード会社は自社の基準点以上の申込者には、カードを発行するという流れです。

引用:クレジットカード比較プロ

融資担当は全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者で安心した相談

中央リテール公式サイト

多重債務をおまとめ1本化!

 

中央リテール:おまとめローン専門


融資額 〜500万円
実質年率 10.95〜13%
融資条件 翌営業日
最短審査時間 審査まで最短2時間
担保・保証人 不要

こんな悩みに

  • 複数社からの借入が多くて、返済の目処が立たない
  • 複数社から借入しているため、毎月の返済日が多く管理が大変
  • 利息が家計の負担に
  • 多重債務のため他社で否決されてしまった人
  • 支払い軽減で返済計画の見直しをしたい人
  • 融資担当は全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者なので安心して相談ができる
  • 総量規制によりフリーローンの借り入れができずに困っている人

総量規制によりフリーローンの借り入れができずに困っているあなたにおすすめ

総量規制とは、過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会

貸金業務取扱主任者とは、貸金業の業務が法令の規定を守り、正しく実施されるように、助言や指導を行う、貸金業の専門家です

引用:スタディング

融資担当は全員「貸金業務取扱主任者」の国家資格取得者で安心した相談

中央リテール公式サイト

多重債務をおまとめ1本化!

 

令和カード株式会社:高額おまとめローン

融資額 100〜2000万円
実質年率 7.3〜15%
融資条件 満20歳〜70歳までの方
返済期間 30年以内、360回以上(1ヶ月単位)
担保・保証人 不要

 

メモ

勤務先への在籍確認は原則なし

スピード審査で最短即日融資も可能

担保・保証人不要

来店不要!全国どこからでもネットで申し込み可能

フリーローンの申し込みも可能(5〜50万円)

スピード審査で安心した相談

令和カード株式会社の公式サイト

多重債務をおまとめ1本化!

 

首都圏キャッシング:高額おまとめローンにも対応

融資額 100〜800万円
実質年率 7.3〜15%
対象エリア 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県
返済期間 30年以内、360回以上(1ヶ月単位)
担保・保証人 不要

対象地域は限られていますが、柔軟な審査と高額融資が期待できるので、条件を満たす方はおすすめの借入先です。

申し込みから融資まで、来店不要のWEB完結で最短即日融資も可能です。

首都圏エリア限定!

首都圏キャッシング公式サイト

多重債務をおまとめ1本化!

 

ブラックリストだけど借金一本化できる?

結論、ブラックリストの場合だとおまとめローンを利用して借金を一本化は難しいです。

審査に通らない可能性が高いです。

この場合、方法として「任意整理」を弁護士や司法書士に依頼して、元金返済を一本化する方法があります。

任意整理であれば、新たにローンを組まずとも利息カットや借金自体の減額が可能になります。

私も任意整理をして大幅な減額に成功しました。

さらに詳しく

任意整理の流れと期間について

任意整理の流れと期間

任意整理の流れとして、弁護士・司法書士に相談をしたのち、委任契約を結びます。

その後、手続きを進めていく流れです。

全体の流れです。

内容 必要な期間の目安
弁護士・司法書士に相談・依頼
債権者へ受任通知の送付 即日〜3日程度
取引履歴の開示請求と債務額の調査 1〜2ヶ月
利息制限法に基づく引き直し計算 1〜2週間程度
和解案の作成と債権者との和解交渉 3ヶ月程度
和解成立 即日
返済開始〜完済 完済から5年程度

自分が体験した任意整理後の流れについて詳しく解説

合わせて読みたい

借金から立ち直った人がとる方法とは?5人に1人が行なっている任意整理

5人に1人が行なっている任意整理

任意整理はやばい?しない方がいい?とあなたは考えていると思います。

ですが、私が体験したところ基本的にその後の生活にほぼ変わりはありません。

信用情報に登録されますが、完済すれば今まで通りの生活に戻れます。

任意整理するデメリット

金融ブラックになる

個人で債務整理を進めると失敗する可能性が高い

安定した収入が必要

任意整理できないこともある

 

任意整理のメリット

  • 借金の返済が減額される
  • 精神的な負担が軽減される
  • 過払金が戻ってくる可能性がある
  • 手続きが簡単
  • 家族や会社にバレることはない
  • 財産を取られることはない
  • 完済までの道のりができる(期限が決まる)

デメリットは一時的なものですが、完済までの道のりができ、先が見えない返済地獄から抜け出すことができます。

借金を返済できなかったらどうなるのか?その疑問に興味があるあなたはこちらの記事へ

あわせて読みたい

債務整理した人の口コミ

任意整理したその後の生活とは?

私は任意整理をして大幅な減額に成功しましたし、支払い窓口が一本化されたため、毎月一定額の返済をしています。

任意整理のメリット

  • 利息カットして元金は確実に完済
  • 3〜5年で返済が終了する
  • 複数支払い窓口が1本化
  • 誰にもバレずに完済できる
  • ローンも組める
  • 精神的な負担が軽減される
  • 手続きが簡単

任意整理は制約される期間が完済まで3〜5年です。

さらに完済が終われば制約もなくなります。

任意整理することで支払額が一定となり、不要な利息を払うことがなくなるため、生活に余裕が生まれます。

あなたも想像してみてください。毎月返済に追われて貯金すらもできず、返済のために仕事をしているような生活から抜け出すことができます。

借金が解決しないと言う理由で借金問題を諦めていませんか?

人生はいくらでもやり直すチャンスがあります。

完済までの道のりができ、先が見えない返済地獄から抜け出すことができます。

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

債務整理をネット完結でやるなら

オンライン面談をやっている事務所が「弁護士法人 響」を利用なら、まずは「借金減額シミュレーター」から。

現在の負債額など、4つの質問に答えるだけ。

質問に答えるだけで借金が減額できるか調べるといったもの。

必要な時間は1分もかからないので簡単な作業。

試してみたからと言ってすぐに契約や料金は発生しませんし、匿名・無料なので誰でも簡単に出来ます。

さらに詳しく

まとめ

この記事では「おまとめローン」と「任意整理」について詳しい解説しました。

おまとめローンはとても有効な方法で、多重債務で苦しんでいれば、毎月の支払いを抑えることができます。

しかし、おまとめローンにはメリットもあればデメリットもあり、審査や条件もあります。

また、ブラックリストであれば、まとめるのは難しいです。

その場合は、任意整理を検討することが必要です。

任意整理は支払いの滞納や督促状が届いて、自力返済が難しい状況に追い込まれて厳しい状況であれば、早期の解決策として有効です。

借金は利息が増えれば増えるほど、あなたをどんどん追い込んでいき、完済がとても難しくなります。

あなたに経済状況をしっかりと見極めた上で判断をしましょう。

ですが1番は相談しないことがNGです。

相談することは不安がありますが、相談しないのは諦めているのと一緒です。

まず、今できることを考えて借金がどれだけ減額されるか無料診断をしましょう。

※直接面接もなく、リモートで完結するので誰かにバレることもありません。

いくら減額できるかやってみて、完全リモートで任意整理を完結!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-借金をまとめる方法