" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)

任意整理の年間件数が250万件に!他人事ではない!今すぐ借金問題を解決する方法を紹介

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

任意整理 年間件数

借金問題を抱えているけど「誰かに知られるのは怖い」「借金で失敗したことを知られるのは・・・」「借金問題を弁護士や司法書士に頼むのは自分だけではないのか?」など、恥を晒していると悩んで、ずっと解決しない借金問題を抱えていませんか?

私も毎月の返済に追われて支払いができなくなるかもと言う不安と恐怖感で1年も待たずに限界を感じ、相談をしました。

つまらないプライドを捨てて、相談したことによって月々の返済が平均16万円から6万5千円に減額して精神的に楽になりました。

相談している人はあなただけでなく、他の人も毎日のように相談しており件数は増えています。

この記事では、借金問題を抱えているのはあなただけでなく解決している内容の記事になります。

  • 任意整理の年間件数は年間150万件〜250万件
  • 任意整理する人はコロナ禍が進んでさらに増加
  • 任意整理をすれば返済が近日中にストップ
  • 任意整理費用は高くも安くも感じ方は人それぞれ(状況による)
  • 任意整理したからと言って家族や会社にバレる心配はない

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から抜け出したい!

 

任意整理をする人は年間件数どれくらい?

手続き 件数
任意整理 約150万件〜250万件と推移
個人再生 1万3952件
自己破産 7万3095件

総務省統計局最高裁判所の統計

任意整理は裁判所を通さない手続き(借金の返済方法を組み直す債務者と和解交渉)なので、正式な統計数は事務所ごとで異なりますが、総数は年間150万件〜250万件と言われています。

年間多くの方が債務整理で借金問題を解決しており、借金問題で行き詰まったときに、弁護士や司法書士に相談することは全く悪いことではありません。

病気の問題で早めに医師へ受診するように、借金問題を早期に相談することが解決につながります。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から抜け出したい!

 

任意整理する人が増加している

コロナ禍の影響で任意整理、借金に関する相談はネットで調べる限り年々増えています。

メモ

返しても借金が減らなず生活が苦しい

家族や勤務先に借金がバレないように解決したい

消費者金融からの取り立てが激しくて困っている

そのため、コロナ禍前に比べて借金問題を専門とする弁護士や司法書士事務所が増えています。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から抜け出したい!

 

債務整理をしたらどうなるの

  • 弁護士や司法書士が代理人となって債権者と交渉し、返済計画を立てることができる。
  • 返済計画は借金の元金や利息を減らす交渉も含まれるため、債務総額を減らすことができる。
  • 裁判所を通して強制的な差し押さえや給与や預金の差し押さえを防ぐことができる。
  • 信用情報に登録される期間が短くなる。
  • 自己破産の場合は最大10年間。個人再生の場合は最大7年間。任意整理の場合は最大5年間登録で済む。

将来のことを考えれば、早めの決断をすることで被害を最小限にできます。

詳しい流れはこちら

400万円以上を任意整理したら月々の返済額が!

任意整理 体験談 400万

私は任意整理をする前、複数の金融機関に支払いをしていて、毎月の返済がとても追いつかない状態になっていました。

ですが、任意整理をすることで複数あった支払い窓口も1本化しています。

これだけでもどれだけ助かったことか。さらに返済額もかなり減額になりました。

多重債務を抱えていると、複数の返済窓口があるのでその度に窓口に言って振込。自分がどれだけ払っているのか、感覚が麻痺してきます。

あなたも返済窓口が複数であれば、麻痺するどころかうんざりしてきませんか?

さらに詳しく

債務整理と任意整理の違い

「債務整理」は借金に困っている人が借金負担を軽減、もしくは借金をなくすことができる合法的な手続きの総称です。

いくつかある手続きのうち、裁判所を通さず弁護士か司法書士を介して債権者と交渉する手続きのことを「任意整理」と言います。

そのため、任意整理は官報に乗ることも慣れれば身バレするリスクもほぼ0%に近いです。

債務整理のデメリットについて

債務整理 デメリット

 

債務整理をするデメリット

  • 信用情報への登録
  • 一部職業の制限
  • 保証人への影響
  • 資産差し押さえ
  • 家族や会社へバレる

ですが、借金の返済を滞納したり未払いを続けていると、債権者側から督促状や催促状、法的処置として裁判所を通して資産の差し押さえにつながります。

その時点で、自己破産と同じ結果になります。

任意整理のメリット

任意整理 メリット

そんな状態を少しでも救うのが、この記事でも言っている「任意整理」です。

任意整理はその他の債務整理(自己破産や個人再生)に比べ、傷も浅く身バレやなどはありません。

任意整理することで

  • 利息カットして元金は確実に完済
  • 3〜5年で返済が終了する
  • 複数支払い窓口が1本化
  • 誰にもバレずに完済できる
  • 会社や家族など身バレしない
  • 返済が終われば元の生活に戻れる
  • 完済すればローンも組める

あなたが借金を返すあてもなく彷徨っているならば、今すぐ法律の専門家に相談をしましょう。

そして人生の再スタートを切りましょう。

合わせて読む

任意整理の費用について

任意整理 費用

任意整理の平均費用は30万円と言われていますが、費用が高いか安いかは人によって大きく変わってきます。

どこの弁護士事務所や司法書士事務所の口コミでも費用について賛否はあります。

ですが、一つ言えることは「経験年数」や「実績」によって、金融機関との和解が大きな差が生まれる可能性があります。

例を出せば「アコム」は和解条件が厳しく、依頼事務所によっては和解ができない可能性があります。

費用だけでなく、実績も重視して選びましょう。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から抜け出したい!

 

任意整理の方法について

具体的な流れとして、弁護士や司法書士と委任契約を結び、債務の調査・確定した後に任意整理する和解書を作成して債権者と交渉をします。

債権者との合意が得られ和解が成立したら元金返済が開始となるので、滞りなく返済をしていきましょう。

さらに詳しく

はたの法務事務所の任意整理の流れ

任意整理をするとき、どこの事務所が良いのか迷います。

メモ

相談件数20万件以上

相談料・着手金無料

和解実績多数

土日祝日関係なく対応

問い合わせ後は借金の催促を止めることが可能!

自分にあった事務所が見つかることが大切が、それでも交渉力や実績が任意整理をするときに結果に左右します。

そんな条件をクリアしているのが「はたの法務事務所」です。

さらに詳しく

まとめ

任意整理 体験談

債務整理は3〜5人に1人が弁護士や司法書士に相談をしており、年々増えるばかり。

あなたが借金を抱えて1人で悩んでいても他の人も悩んでいます。

秘密にしておきたい、バレたくないという気持ちはわかりますが、必ず限度がきます。

それに相談したからといって、家族や会社にバレることはありません。

むしろ滞納や放置をしておくことで、バレる可能性が大いにあります。

そんな状況から脱したければ、相談に乗ってくれるところは弁護士や司法書士になるので、「私だけが相談している」と思わず相談をしましょう。

任意整理の大きなメリット

毎月の返済が減額することで、将来的に大きなメリット

任意整理をしなければ利息だけの支払いで限界がくる

問題を後回しにすればするほど利息が増えていく

返済額が多ければ多いほど毎月利息が発生する

着手金なしですぐに動いて請求ストップ!問い合わせ後、借金の催促を止めることが可能!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

滞納催促や督促状がすぐに止めたい!

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)