" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

人生詰んで立ち直る方法

【体験談】30代の借金地獄から立ち直る方法!成功ストーリーと具体的な行動について

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

30代 借金 立ち直る

30代にとって、借金問題は重い負担ですが、立ち直ることはできます!

結論として私は任意整理をして借金の減額、安定した生活に戻ることができました。

あなたも同じような借金地獄を体験しているのであれば、試す価値は十分にあります。

立ち直るための道は決して易しいものではありませんが、逆境を乗り越える力を持つ30代のあなたにとって、立ち直るきっかけになります。

30代の借金地獄からの立ち直る方法についてまとめています。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から立ち直る!

人生詰んだ!30代の借金地獄

人生詰んだ 30代 立ち直る

私は任意整理する前まで、総額420万円の借金を抱えていました。

毎月の支払日になると、複数から借入してるため支払い窓口を走り回っていました。

そんな生活を続けているうちに、続けることは難しいと判断し悩んだ末、任意整理を依頼。

任意整理を依頼して2日で支払いが止まり、現在では6万5千円の支払いに減っています。

任意整理前 任意整理後
借金総額420万円 利息カットの120万円以上減額
毎月16万円以上返済 毎月6万5千円の支払い
利息ばかり返済で元金減らず 利息カットの元金返済
終わりの見えない返済期間 5年間で完済する返済計画

420万円の借金を40代や50代で抱えていたら、間違いなく任意整理ではなく自己破産を選んでいたかもしれません。

ですが、30代の借金はやり直す力はあります。

このまま、何もせず苦しい返済を続けて疲弊していくよりも、任意整理をして3〜5年の完済期間を設定して返済しないと全てを失う結果になります。

逆境を乗り越える力を持つ30代のあなたも、新たなスタートができます。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から立ち直るって人生リスタート!

 

30代!貯金なし!借金あり!

私も貯金なしで借金の返済に追われていましたが、任意整理をして一定の返済額を支払うことで、貯金や投資に回す余裕もできています。

これは一部ですが、少額投資に仮想通貨へ投資を毎月投資をして貯蓄をしています。

もちろん生活水準を見直して節約をしています。

節約

  • 携帯SIMを格安に変更
  • 電気代節約
  • 酒を週末のみ
  • 無駄な買い物を断つ

任意整理前に生活水準を続けることは不可能なので、生活水準を見直し節約できるところは節約しています。

借金問題から抜け出し、人生を立て直すためには、まず自身の現状を受け入れないと先はありません。

その上で、前向きな意識を持たないと、全てを失うことになります。

そのためにも、具体的な行動計画を立てることが大切です。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

具体的な返済計画を相談してリスタート!

 

借金はいくらからやばくなる?

借金はいくらからやばい

では借金はいくらからやばいとなるのでしょうか?

世間一般的に借金の総額がやばいと感じるのは、年収の1/3を超えると危ないと言われています。

私の年収は440万円くらいですが、総額420万円(利息も含め)なので、完全に超えています。

本来「総量規制」という貸金業法に基づくルールによって、年収の1/3を超えることは規制されていて、返済能力を超えると判断されます。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会

ですが銀行などの貸付は総量規制に対象外になっているので、1/3を超えてしまうケースが多いです。

※例外として「おまとめローン」は総量規制対象外となっている。

私も余裕で超えているので、状況的にアウトです。

あとはクレジットカードの残高が減らないケースも危険です。

特にリボ払いは毎月一定額の返済になるので、残高が減らない状態ではあります。

このような状態が続いているようであれば、任意整理を行うことが正しい判断です。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から立ち直る!

 

30代で借金から立ち直った具体的な体験談

30代 借金 立ち直る

私が借金減額を対象とした金融機関を詳しく紹介します。

メモ

楽天カード

地方銀行(アイフルが保証会社)

地方銀行(アコムが保証会社)

農協(三菱UFJニコス)

任意整理をしやすい、難しい金融機関や任意整理後の影響など細かくまとめています。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から立ち直る!

 

楽天カードを任意整理した体験談

楽天カードを任意整理した体験談

楽天カードを利用することは、「楽天市場」や「楽天モバイル」「楽天銀行」などにも影響につながると思っていませんか?

私も任意整理をしたらどれだけの影響があるのか不安でしかなかったです。

実際はそこまで影響はないですし、任意整理をする条件も、他の消費者金融より厳しいものではありませんでした。

さらに詳しく

アイフルを任意整理した体験談

アイフルを任意整理した体験談

地方銀行のおまとめローンで利用をしましたが、地方銀行の保証会社になっていることが多いです。

私も知らずに利用をしてしまいました。有名な消費者金融とはいえ、返済期間が長くなれば利息も高くなり最終的に任意整理に。

アイフルは任意整理をする条件も厳しくなく、応じやすい消費者金融といえます。

ですが条件によっては任意整理の和解が難しくなるケースもあるので注意が必要です。

さらに詳しく

アコムを任意整理した体験談

アコムを任意整理した体験談

アコムも同様、地方銀行のおまとめローンで保証会社となっています。

アコムは任意整理に応じにくい消費者金融で、依頼する弁護士や司法書士によっては和解が難しいとされています

和解条件も少し厳しめになっています。

さらに詳しく

三菱UFJニコスを任意整理した体験談

三菱UFJニコスを任意整理した体験談

農協のフリーローンとして利用していましたが、三菱UFJニコスが保証会社として入っていました。

三菱UFJニコスは消費者金融の中でも、任意整理の和解率がとても高い会社と言われています。

また、任意整理後の支払い回数も返済金額に応じて最長10年なので良心的な会社といえます。

さらに詳しく

借金から立ち直った人の体験

借金から立ち直った人

冒頭でも言いましがた、私の多重債務は総額420万円以上でした。

この金額は5人家族で子ども3人家族、普通のサラリーマンには返済がかなり厳しい現実です。

多重総額の細かな内訳

元金

楽天カード(リボや分割) 110万円ほど
某銀行フリーローンA 160万円ほど
某銀行フリーローンB 50万円ほど
合計 330万円ほど

利息を含めると

1社10%+1社13%+1社15% 合計38%
元金320万で+利息38%(約120万) 420万

[/st-cmemo]

とても絶望的な借金でしたが、任意整理を行うことで120万円の減額に成功。

任意整理にはデメリットもありますが、30代であれば乗り越えられます!

あなたも借金問題からの立ち直りを目指しているので、絶望する必要はありません。

絶望から希望への道は存在し、あなたも確実に立ち直れます。

任意整理はハードルが高いかもしれませんが、何もしなければ全てを失うので行動をしましょう。

任意整理は人生終わりって本当?再スタートする方法です。

さらに詳しく

債務整理のおすすめ5選

任意整理といっても、法務事務所は複数あります。

債務整理(任意整理)に強く、良心的な事務所を紹介しています。

オススメ
はたの法務事務所 和解実績、経験豊富、費用は業界最安値

⭐️私も相談してすぐに解決しました!

司法書士法人 

ホワイトリーガル

相談・着手金は無料!直接面談なし!リモート面談で完結!
司法書士法人 

ML司法書士事務所

2つの質問で減額可能か即判断!コストも抑えて任意整理可能!
アストレックス

司法書士事務所

闇金案件の実績多数!

最短即日取り立てストップ可能!

弁護士法人 響 無料減額診断で減額可能か即判断、リモート面談で会わずに依頼可

クレジットカード会社や金融機関の和解では、経験年数や和解実績によって和解結果が左右されます。

そのため、経験と和解実績が高い法務事務所を選ぶことが、妥協のない和解につながります。

でも、任意整理の費用がもったいないと思っていれば、大きな間違いです。

費用

①司法書士や弁護士に払う任意整理の費用

②自力返済したときにかかる費用

②の金額が大きければ費用対効果が大きくなります。

例えば

任意整理3社分 費用10万円
借金総額利息3社合計 総額120万円
費用対効果 120万年−10万円=110万円

任意整理の費用対効果は、とてつもなく大きく将来支払うべき借金の減額につながり、希望となります。

あなたも借金総額の利息が多ければ、任意整理を一刻も早くして将来の負担を軽減しましょう!

詳しくは債務整理オススメ法務事務所5選

さらに詳しく

はたの法務事務所の任意整理の流れ

その中でも「はたの法務事務所」がオススメです。

メモ

相談件数20万件以上

相談料・着手金無料

和解実績多数

債務実績が圧倒的に群を抜いている

土日祝日関係なく対応

問い合わせ後は借金の催促を止めることが可能!

特に、はたの法務事務所は基本報酬と成功報酬のみの費用になっています。

100万円の任意整理する場合

はたの法務事務所

22,000円+140,000円(14%)=162,000円←費用を抑えられる

弁護士法人A

44,000+22,000+220,000円(22%)=286,000円

差額:124,000円

あくまで一例ですが、これだけでも費用の差が大きくでます。

圧倒的な実績と依頼費用は業界最安値で依頼者には強い味方です。

そんな私も解決をしてもらったのがのが「はたの法務事務所」です。

さらに詳しく

債務整理は弁護士と司法書士ではどっちが安い?

弁護士 と司法書士 どっち 安い

項目 弁護士による任意整理 司法書士による任意整理
費用相場 20万円~50万円程度 10万円~30万円程度
着手金 要相談(5万〜7万ほど) 要相談(0円〜3万ほど)
成果報酬(成功報酬) 成功時に別途発生する場合あり 成功時に別途発生する場合あり
条件 1社の借入金140万円以上 1社の借入金140万円以下

費用相場は司法書士が、明らかに弁護士より費用が安く抑えることができます。

弁護士と司法書士の依頼については「140万円」が目安となります。

1社につき借入140万円以上であれば弁護士1択ですが、借入140万円以下であれば司法書士の依頼が結果的に費用面で安くなります。

さらに詳しく

まとめ

借金問題に直面している30代のあなたに立ち直るための私の成功ストーリーと具体的な方法をまとめました。

絶望から希望へと進むためには、まず自身の状況を正確に把握し、収入と支出の見直しを行いましょう。

立ち直る過程で大切なのは、今やらなければ全てを失う未来を考えることです。

任意整理はとても勇気のいることですが、全てを失う前に進む勇気を持ちましょう。

最後に、立ち直りのプロセスは時間がかかりますが、自由を考えましょう。

借金問題から立ち直った私の成功例もあります。あなたもその一人になれます。

1人で悩まず弁護士や司法書士に相談する、前向きな行動を起こして、新たな人生を築きましょう。

着手金なしですぐに動いて請求ストップ!問い合わせ後、借金の催促を止めることが可能!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

借金地獄から立ち直る!

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-人生詰んで立ち直る方法