" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

これで解放!支払い一時ストップの方法

【受任通知】弁護士に任せて放置しても問題ない?催促や督促など取り立てが止まる理由

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

受任通知後 放置

任意整理を検討して、本当に借金問題が解決するのか?請求は止まるのか不安になりませんか?

私も任意整理を検討する数ヶ月前から、本当に止まるのか胃が痛くなるほど悩んでいました。

実際に依頼すると、2日で請求が止まりました。

この記事では催促や督促などの取り立てが止まる流れや理由について解説しています。

  • 弁護士や司法書士と委任契約
  • 受任通知は請求を止める通知書
  • 受任通知を送付後は安心した生活が送れる
  • 債権者から連絡が来ても無視して委任契約した弁護士や司法書士に連絡
  • 任意整理はネットで完結できる

「どうせ借金問題は解決できない」と言う理由で、諦めていませんか?

借金問題は適切な場所に相談すれば必ず解決はできます。

諦めず問題を解決しましょう!

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

受任通知送付までの流れについて

受任通知 送付 流れ

受任通知送付までの流れとして、弁護士・司法書士に相談をしたのち、委任契約を結びます。

その後、受任通知を送付する流れです。

その後、全体の流れも説明します。

内容 必要な期間の目安
弁護士・司法書士に相談・依頼
債権者へ受任通知の送付 即日〜3日程度
取引履歴の開示請求と債務額の調査 1〜2ヶ月
利息制限法に基づく引き直し計算 1〜2週間程度
和解案の作成と債権者との和解交渉 3ヶ月程度
和解成立 即日
返済開始〜完済 完済から5年程度

自分が体験した任意整理後の流れについて詳しく解説

合わせて読みたい

弁護士が受任通知を送る義務とは?

弁護士 受任通知 送る義務

弁護士だけでなく司法書士も同様に、債権者に対して「代理人」となったことを通知する書類です。

債権者や債権回収会社からの督促や取り立てをストップさせる法的な効果を持ちます。

メモ

※債権回収会社とは

金融会社に代わって借金を回収する業者のこと。

引用:弁護士法人 響

弁護士や司法書士と委任契約後に、債権者や債権回収会社に通知して、窓口として問題解決をします。

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

 

弁護士が送付する受任通知の効力とは?

弁護士 送付 受任通知 効力

弁護士だけでなく司法書士も同様に、委任契約を結んだら受任通知を送付します。

受任通知の効力とはどう言ったものなのか?

受任通知の効力

  • 債務整理手続きが開始したこと
  • 弁護士や司法書士が債務者の代理人になったこと
  • 債権者(金融機関)は債務者に直接連絡をしないようにする

このような内容を通知します。

そのため、窓口が委任契約を結んだ弁護士や司法書士に変わるため、催促や督促と言った連絡を受けることなく安心した生活が送れます。

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

 

受任通知後は何もせず放置してもいいの?

受任通知後 何もせず 放置

受任通知を送付した後、何かしないといけないと思っているかもしれませんが、あなたは何もする必要はありません。

弁護士や司法書士に依頼をして、代理人となって債権者と和解に向けて交渉をしているので待つことだけです。

和解が成立するまで最長6ヶ月ほどかかる場合があるので、焦らず待つことも大切ですが、この期間に任意整理後の生活に向けた基盤を整えておくこともおすすめです。

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

 

受任通知を送っても催促が止まらないことはある?

受任通知 催促 止まらない

消費者金融に受任通知を送付したにも関わらず、返済の催促や督促、取り立てが止まらない場合があります。

本来、弁護士や司法書士から受任通知を受け取った消費者金融は、返済の督促や催促を行う行為を禁止されています。

※受任通知の送付のときのタイミングと、消費者金融に請求書が同時だった場合は、速やかに依頼した法務事務所に連絡をする必要がありますね。

「貸金業者やその債権の委託を受けた者の取り立ては、相手を脅したり私生活や業務において平穏に過ごせなくなるような言動をしたりすることを禁止する」
「お金を借りた人が司法書士等などに債務処理を委託するか、裁判所に民事事件として手続きをして、そのことを書面で通知された場合は、正当な理由がない限り本人に連絡もしくは直接訪問して、返済を求めてはいけない。」

違反した場合

行政処分と刑事罰を課せられます。

引用:貸金業法21条を知っておこう

請求や催促の不安を理由に借金問題を抱えて、悩んでいませんか?

任意整理しても、ちゃんと守られているので安心して任意整理ができます。

勇気を持って任意整理の相談をしましょう。

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

 

債務整理をネット完結でやるなら

オンライン面談をやっている事務所が「弁護士法人 響」を利用なら、まずは「借金減額シミュレーター」から。

現在の負債額など、4つの質問に答えるだけ。

質問に答えるだけで借金が減額できるか調べるといったもの。

必要な時間は1分もかからないので簡単な作業。

試してみたからと言ってすぐに契約や料金は発生しませんし、匿名・無料なので誰でも簡単に出来ます。

さらに詳しく

まとめ

弁護士や司法書士と任意整理で委任契約を結ぶとすぐに対応してもらえ、和解成立まで一時的に支払いがストップします。

また、債権者や債権回収会社から督促や催促状、取り立てが直接連絡が来ることはありません。

仮にあったとしても、すぐに委任契約した弁護士や司法書士に連絡をすれば、問題は解決します。

全て窓口になってもらえるので、安心した生活を送ることができます。

任意整理の大きなメリット

毎月の返済が減額することで、将来的に大きなメリット

任意整理をしなければ利息だけの支払いで限界がくる

問題を後回しにすればするほど利息が増えていく

家族や職場にバレることはない

安心した生活を取り戻せる

任意整理を検討することに悩む時間が長いと思いますが、依頼することですぐに対応をしてくれます。

あなたが思っている以上に、借金問題は簡単に解決をします。

自力返済が難しいと感じてきたときは、後がない状況になっているはずです。私もそうでした。

1人で悩んでいても解決はしません。借金問題は一刻も猶予もないです。

相談することが不安と言った理由で相談しないのは、諦めているのと一緒です。

まず、今できることを考えて借金がどれだけ減額されるか無料診断をしましょう。

直接面接もなく、リモートで完結するので誰かにバレることもありません。

いくら減額できるかやってみて、完全リモートで任意整理を完結!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

誰にもバレずに任意整理手続きを行う!

弁護士法人・響の減額診断

リモート面談等で会わずに手続き完結

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-これで解放!支払い一時ストップの方法