" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

これで解放!支払い一時ストップの方法

【体験談】支払いが回らない!借金で月々の返済がきつい!限界と感じる前にすぐに解決する方法

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

支払い 回らない

「借金の返済額が多くて首が回らない…」あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

私も毎月の返済が複数あり、振り込み先を毎月走り回っていました。

足りなければ、他から借りて「返済するために借入」もよくあることでした。

ですが、そんな生活は長くは続きません。

結論

  • 現在の収入が増えない
  • 増える見込みがない
  • 支払えない

と、思えば早めの任意整理が必要です。

借金問題で苦しんでいた私は任意整理をして、「たった2日」で支払い返済が一時ストップをしました。

この記事では支払いで首が回らない状態がいかに危険か、早めに対処するべきかを詳しく解説しています。

  • クレジットカードの支払いができないときは、サポートセンターへ連絡
  • 借金で返済がきついと思ったら任意整理
  • 支払いができず「詰んだ…」と思ったら後がない
  • 支払いの滞納は絶対にNG!

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

支払いがキツイ!借金問題を解決する!

クレジットカードの支払いができない場合の相談先

クレジットカード 支払い できない 相談

クレジットカードの支払いができない、督促状が届いたら、まずはクレジットカード会社へ相談をしましょう。

支払日の猶予をもらえたり、分割払いへ変更してもらえる可能性があります。

もし、相談してもクレジットカード会社が応じてくてない場合は、弁護士や司法書士へ相談することをお勧めします。

クレジットカード会社の中には、応じてくれず「遅延延滞金」が発生する会社もあるので、注意しましょう。

支払い期限に遅れてしまった場合に、損害賠償として支払うべき損害金のことです。遅延損害金は元金の残高についてのみ発生します。
遅延損害金の利率は、法律で上限が決められています。

引用:関西消費者協会

クレジットカードの支払いができない時に相談する詳しい内容についてはこちらから

さらに詳しく

借金で首が回らない人!返済がきついと思ったら

借金で首が回らない人

「借金の返済で首が回らない…」と思い、毎月の収入では返済困難な状態になっている。

収入が増える見込みがない、このままではキツいと思えば任意整理が必要です。

弁護士や司法書士に相談して依頼。

債権者からの督促や返済はすぐにストップし、借金の減額になります。

任意整理は「周りにバレる」ことなく手続きを進められるので、家族や職場にバレることはありません。

安心してください。

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

周りにバレることなく借金問題を解決できる!

 

支払いができない時に相談する場所とは?

支払いできない 相談

任意整理は弁護士事務所か司法書士事務所に依頼を行います。

相談には勇気が入りますが、現在の状況をどれだけヤバいかを伝えて、今後の返済計画を立てることで永遠に終わりが見えない返済も完済の近づきます。

任意整理の大きなメリット

  • 毎月の返済が減額することで、将来的に大きなメリット
  • 任意整理をしなければ利息だけの支払いで限界がくる
  • 問題を後回しにすればするほど利息が増えていく
  • 返済額が多ければ多いほど毎月利息が発生する

任意整理の進め方についてはこちらから

さらに詳しく

支払いができない!「詰んだ…」と思う瞬間とは…

支払いができない 詰んだ

結論から言えば、私は「任意整理」を行なって、数ヶ月悩んでいた借金問題も相談することで「たった2日」で解決して、生活を立て直すことができました。

多額の借金を抱えると、どんどん支払い額が増えていき毎月の返済額が増えていきます。

気づいた時には「返済するために借入をして返済」なんてことは、多々あります。

そんな私も返済のために借入をして返済に充てていました。

「人生詰んだ…」と思ったときの感想として

人生詰んだときの率直な思い

  • 借金を返せない絶望感
  • 誰にも頼ることのできない孤独感
  • 家族にバレたときの恐怖
  • 支払いに追われる毎月の圧迫感
  • 返済に疲れた焦燥感

こんな感情が一気に押し寄せてきました。

借金問題はとてもデリケートで家族や職場にも言えない問題です。

待ったなしの状況なので、本当に「人生詰んだ…」と思う前に早めの任意整理が必要です。

さらに詳しく

放置はマズイ!支払いが追いつかないと

支払いが追いつかない

支払いを無視し続けると、実際にどうなるのか?

流れ

①家に連絡がくる

②会社に連絡が入る

③催促書が届く:期日(◯月◯日までに)支払いがない場合、法的手段を取ります(裁判を起こします)という最終通告です。

④クレジットカードの利用や借入ができなくなる

⑤法的手段で強制的に回収手段を取られる。

ここまでくると、自力返済がどうのこうのと言った言い訳はできません。

債務整理をして支払い方法を弁護士や司法書士と相談しましょう!

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

人生詰んだ!と思う前に相談する!

 

債務整理のおすすめ5選

任意整理といっても、法務事務所は複数あります。

債務整理(任意整理)に強く、良心的な事務所を紹介しています。

オススメ
はたの法務事務所 和解実績、経験豊富、費用は業界最安値

⭐️私も相談してすぐに解決しました!

司法書士法人 

ホワイトリーガル

相談・着手金は無料!直接面談なし!リモート面談で完結!
司法書士法人 

ML司法書士事務所

2つの質問で減額可能か即判断!コストも抑えて任意整理可能!
アストレックス

司法書士事務所

闇金案件の実績多数!

最短即日取り立てストップ可能!

弁護士法人 響 無料減額診断で減額可能か即判断、リモート面談で会わずに依頼可

クレジットカード会社や金融機関の和解では、経験年数や和解実績によって和解結果が左右されます。

そのため、経験と和解実績が高い法務事務所を選ぶことが、妥協のない和解につながります。

でも、任意整理の費用がもったいないと思っていれば、大きな間違いです。

費用

①司法書士や弁護士に払う任意整理の費用

②自力返済したときにかかる費用

②の金額が大きければ費用対効果が大きくなります。

例えば

任意整理3社分 費用10万円
借金総額利息3社合計 総額120万円
費用対効果 120万年−10万円=110万円

任意整理の費用対効果は、とてつもなく大きく将来支払うべき借金の減額につながり、希望となります。

あなたも借金総額の利息が多ければ、任意整理を一刻も早くして将来の負担を軽減しましょう!

詳しくは債務整理オススメ法務事務所5選

さらに詳しく

はたの法務事務所の任意整理の流れ

その中でも「はたの法務事務所」がオススメです。

メモ

相談件数20万件以上

相談料・着手金無料

和解実績多数

債務実績が圧倒的に群を抜いている

土日祝日関係なく対応

直接面談だけでなく電話のみで委任契約も可能なので手間がかからない

問い合わせ後は借金の催促を止めることが可能!

特に、はたの法務事務所は基本報酬と成功報酬のみの費用になっています。

100万円の任意整理する場合

はたの法務事務所

22,000円+140,000円(14%)=162,000円←費用を抑えられる

弁護士法人A

44,000+22,000+220,000円(22%)=286,000円

差額:124,000円

あくまで一例ですが、これだけでも費用の差が大きくでます。

圧倒的な実績と依頼費用は業界最安値で依頼者には強い味方です。

そんな私も解決をしてもらったのがのが「はたの法務事務所」です。

さらに詳しく

それでも費用が気になく方には法テラス

法テラスとは

それでも費用について、支払いが難しいと言う方には「法テラス」の利用があります。

「法テラス」とは、あなたが費用を払えない代わりに法テラスが費用を建て替える制度のことです

法テラスを利用し費用が掛かった場合、その費用はあなたが支払うことになりますが、どうしても費用を一括で支払えない場合に、建て替え制度を利用ができます。

建て替え制度を利用すると、原則として月額5,000円から10,000円程度の分割支払いになります。

ただし、法テラスの建て替え制度の利用には、条件があります。

利用条件について

民事法律扶助に該当する

資力(収入)が一定額以下であること

民事法律扶助とは、資力が乏しい方のために、無料法律相談を行うとともに、司法書士・弁護士の裁判手続費用や書類作成費用などを立て替える制度です。

司法書士は、「国民の裁判を受ける権利の保障」に貢献するため、法律相談援助、代理援助、書類作成援助を通して、民事法律扶助制度の発展に貢献しています。

引用:日本司法書士会連合会

資力(収入)が一定額以下

月収(手取り、賞与含む)の目安は次の通りです。

資力基準
月収(手取り)
単身者  ⇒ 月収 182,000円以下
2人家族 ⇒ 月収 251,000円以下
3人家族 ⇒ 月収 272,000円以下
4人家族 ⇒ 月収 299,000円以下

※これを上回る場合でも、家賃、住宅ローン、医療費等の出費がある場合は考慮されます。

引用:日本司法書士会連合会

法テラスの利用を検討してもいいかもしれません。

さらに詳しく

まとめ

支払いが多くなると必ず限界がきて、返済に充てるお金が回らなくなります。

「他から借りて支払いに回す」「返済が滞ってしまって首が回らない」など、負の連鎖におちいります。

収入が上がったり、収入が増える見込みがあればいいですが、この世の中期待は全くできません。

今ある収入からやりくりをしないといけません。

すでに返済額が超えて生活ができないのであれば、傷が浅いうちに専門の弁護士や司法書士に相談をして解決をしましょう。

滞納をして督促状が届き始めたら後はなく、引き返せない状態になります。

借金問題は待ったなしです。

裁判所から強制的に法的手続きに入り、財産没収になる前に解決しましょう。

任意整理の大きなメリット

毎月の返済が減額することで、将来的に大きなメリット

任意整理をしなければ利息だけの支払いで限界がくる

1日でも早い相談をするべき

返済額が多ければ多いほど毎月利息が発生する

着手金なしですぐに動いて請求ストップ!問い合わせ後、借金の催促を止めることが可能!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

相談実績20万件以上!満足度95.2%の実績

はたの法務事務所の公式サイト

支払いがキツイ!借金問題を解決する!

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を含めて発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況や投資についても気が向いたら配信。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-これで解放!支払い一時ストップの方法