" />

当サイトにはアフィリエイトリンクを掲載しています。

債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)

任意整理が出来ないケースがある?これだけは知っておきたい専門家に聞いた事実

ブログ作成者のプロフィール


アキラつねきちプロフィールはこちら

 

任意整理体験者

毎月平均返済16万円から6万5千円に減額

総額420万以上を120万以上減額に成功

元金返済5年計画で2年目も返済中

毎月数千円の少額投資も開始

任意整理が出来ないケース

任意整理を考えていているけど、任意整理を誰でもできて無敵だと思っているのであれば間違った解釈です。任意整理でも出来ないケースがいくつかあります。

任意整理を依頼する前に、専門家からいくつか質問して出来ないケースもあることを伝えられました。

ここではいくつか出来ないケースについて一緒にみていきましょう。

こんな記事です

  • 一定の収入が見込めないと任意整理に応じることが難しい
  • 担保がある借金は売却で返済になる
  • 保証人がついている借金は、債権者は保証人に支払いを請求する
  • 任意整理に応じてくれないと任意整理ができない

 

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

任意整理が出来ないケースがある?これだけは知っておきたい5つのこと

結論から言えば1番は、一定の収入が期待できず3〜5年で返済が出来る見込みがない方は任意整理ができません。

理由としては3〜5年を完済する基準としており、完済する見込みがないと債務者も合意が出来ないからです

相談したときに確認された条件の一つです。ここはしっかりとご自身と専門家と相談してみましょう。

そのほかの具体的に出来ないケースを説明していきます。

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

すでに借入先から差し押さえにあっている

借金の返済を長期間滞納していて、すでに借入先が裁判所に訴えているようなケースは任意整理ができません。

債権者が訴訟を起こす目的は、主に給与や財産を差し押さえすることにあります。差し押さえをすると、債権者は任意整理に応じなくても借金を回収ができます。

任意整理をするには、差し押さえに会う前に動かなければなりません。

滞納や督促状、催促状が来る前に早めの判断をしましょう。

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

借金額が大きく返済ができる程度の一定の収入が見込めない

「一定以上の収入」について、元金返済が完済するまでに返済ができる見込みがないと難しいです。債権者も合意するにも、元金返済ができないようでは合意にはいたらないです。

債権者は「元金だけでも返済できる」と確信が持てないと「任意整理」に応じてくれないのは納得で来ます。

そのためにも、一定の収入と返済計画を専門家としっかり話し合いをすることをオススメします。

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

担保がある借金

家や車の担保になっている借金は任意整理に応じてもらえないです。

例えば、減額交渉をしようとしたとき、車や家を対象とした借金に対しては、借金に担保があるので、担保になっているものを返済するよう求められます。

なので車や家などの借金に借金については対象外になることが多いです。だけど、車や家の借金を任意整理する人はあまりいないと思います。

保証人がついている場合

保証人がついている借金は対象になりません。厳密に言うとしない方がいいです。

保証人がついている借金は「任意整理で減額交渉を持ちかけられたので、債権者は保証人に返済請求をすることができる」となっているので、保証人に返済がいきます。

保証人がついている借金で代表的なもので言えば「奨学金」は該当します。

任意整理のメリットは「周りに知られずに債務整理」ですから、保証人にバレて迷惑がかかることなので、保証人がついている借金を任意整理することはオススメしません。

 

債権者が交渉に応じてくれない場合

債権者によっては任意整理の和解に応じない会社があります。

例えば・・・

アコムの特徴として

任意整理の和解日までについた経過利息・遅延損害金のカットには応じてくれない。

原則は60回以内の返済が目安になる

将来利息がカットできるかはこれまでの返済期間次第で1年以上の取引履歴があれば将来利息のカットは可能

任意整理は弁護士・司法書士と業者が直接交渉なので、依頼する事務所と業者との力関係が和解条件に大きく影響します。

特に、アコムと和解交渉をしたくてもアコム側から断られてしまう事務所もあるので、そのような事務所へ依頼してしまった場合、アコムが任意整理を応じない可能性が高いです。

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

借金から立ち直った人がとる方法とは?任意整理をする方法

任意整理の手続きについて、ほとんど何もする必要はありません。

問い合わせ

リモート面談で完結

コロナ禍で感染拡大の問題で全てリモート完結する事務所あり

任意整理をしたいけど「直接あって面談は嫌だ」や「面談したら家族にバレる可能性がある」などリスクがない

任意整理の流れを簡単ステップで解説!こんな人にもオススメしている記事です。

あわせて読みたい

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

 

まとめ

1番重要なのは一定の収入がないと任意整理の合意は難しいことです。3〜5年が返済の期日になるので返済計画を立てる前にそこがクリアできていないと任意整理は難しいです。

ですが任意整理を行うことで私の場合は借金を120万円以上減額をしました。

「任意整理ができないかも」と思っていても、実はできる可能性があります。

今からでも遅くないので、自分が置かれている状況を解決したのであれば、1人で悩まず専門の弁護士・司法書士に相談はしましょう。

借金から立ち直りたければ

  • 任意整理をしようと思っていたら、1日でも早く専門家に相談をした方がいい
  • 返済額が多ければ毎日確実に多額の利息が発生していると言うことになる
  • 「来週相談しよう」とか「来月相談しよう」と考えている状態ではない。
  • すぐにでも相談をしたほうがいい状態です。
  • 借金減額が可能か問い合わせをするべき
  • 過払金がある可能性もある

私の場合は任意整理を依頼して、現在進行形ですが着実に借金は減っています。

まず、今できることを考えて借金がどれだけ減額されるか無料診断をしましょう。

直接面接や手紙のやり取りをする手続きもなく、リモートで完結するので誰かにバレることもありません。

いくら減額できるかやってみて、完全リモートで任意整理を完結!

↓↓↓今すぐチェック↓↓↓

まずは弁護士法人・響で減額で無料診断をする!

弁護士法人・響の公式サイト

質問に答えて借金減額可能か調べる!

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

アキラつねきち

任意整理の説明書!借金問題の解決法を完全網羅!借金420万円を任意整理して120万円以上の減額に成功した体験談を経験者目線で発信。金融機関の細かな和解状況や利息問題、滞納、税金放置による財産没収。回避するための情報を細かく発信! 任意整理後の生活状況をXで配信中。あなたの生活を助ける情報ばかり!

-債務整理の予備知識(安心できる債務整理を目指して)